「40代」タグの記事一覧

20代女性に人気!結婚式へブルー系ドレスのおしゃれコーディネート

二次会服装 結婚式

20代の女性には、結婚式のドレスにブルー系のカラーが人気があります。ブルーと言えば、ネイビーを思い浮かべる人もいるでしょう。しかし、ブルー系には水色やターコイズ、マリンブルーなどのカラーもありますので、結婚式が行われる時期に応じて、ドレスのカラーを選択するようにしましょう。水色は春をイメージさせるカラーで通年着られるカラーではありますが、長年着られるドレスではありません。また、ターコイズやマリンブルーは夏をイメージさせてしまうため、通年着るようなドレスではなく、年齢を重ねていくと、これらのカラーのドレスを着るのに抵抗が出てしまうこともあります。

「きちんとして見える」【40代向け】結婚式ワンピースコーデ

二次会服装 結婚式

結婚式の会場では同世代の人が大勢訪れますので、会場で一人だけ浮いてしまわないような衣装を選びましょう。40 代になると若い格好は若作りに見えてしまうため、大人っぽさが出るエレガント系のコーディネートに仕上げていくと良いでしょう。40代の女性がワンピースを着たときに、きちんとして見えるカラーはネイビーやブラックです。こういったカラーは体のラインをキレイに見せてくれますので、体型が気になってくる40代の女性にはおすすめです。

7月・8月結婚式におすすめの夏らしいパーティードレス選び方

二次会服装 結婚式

7月や8月に行われる結婚式は、暑さが課題になってきます。そのため、涼しげなドレスを購入することがポイントになります。だからと言って、結婚式では露出を多くすることはできませんので、ドレスの素材やデザインで涼しげな印象を与えられるようにしなくてはなりません。夏といえばブルー、ブルーと言えばネイビーといったカラーが、結婚式では人気です。ネイビーは年齢に関係なく着られますので人気なのですが、夏の暑い時期には涼しげな印象を与えられるカラーと言えるでしょう。

【40代女性】結婚式へ人気1位のきちんとエレガント系ドレス選びのポイント

二次会服装 結婚式

40代になると、結婚式の衣装で大人っぽいものを着たいと思うようになります。そんなときは、エレガントな印象を与えられるドレスがおすすめです。これで、結婚式の会場を華やかにすることができます。また、エレガントなドレスは40代の女性に人気ナンバー1ですので、周りの人の雰囲気から浮いてしまわないように、このようなドレスを選んだ方が良いと言えるでしょう。

30代・40代の方におすすめの黒ドレス着こなし方

二次会服装 結婚式

30代や40代になってくると、華やかにしないといけない結婚式でも、黒いドレスを選びたいと思ってしまう女性も多いでしょう。年齢が若ければ、フリルやリボンがついている黒いドレスを着ることができますので華やかさを演出できますが、30代や40代ではどうしたら良いのでしょうか?袖ありのドレスでも上品さや華やかさを演出できますので、二の腕をあまり出したくないという人は、袖ありのドレスも良いかもしれません。腕が出てしまうタイプの黒いドレスを選ぶ場合は、ボレロやストールなどで露出を抑え、品格が出るようにした方が良いでしょう。

【SS(XS)小さいサイズ】上品でかわいいお呼ばれドレス選びのポイント

二次会服装 学校行事 結婚式

結婚式用のドレスは何を購入したら良いのか、正直分からないことが多いです。結婚式用のドレスでは体型隠しの大きめのサイズだけでなく、小さいサイズSSサイズもあります。SSサイズの結婚式用のドレスは、ぶかぶかに見えてしまったり、胸元が開いてしまう可能性も考えられます。小さいサイズのドレスを購入するときは、自分のサイズに合っているかを確認するようにしましょう。また、結婚式で華やかに見せるドレスだけではなく、上品で可愛らしさも演出できるようなドレスを選ぶようにしましょう。

ドレスで一番人気のネイビードレス着こなし方

二次会服装 結婚式

結婚式にお呼ばれしたとき、どんなカラーにしたら良いのか分からず、とりあえず人気色であるネイビーにしようと考える女性は少なくありません。ネイビーの衣装は清楚なイメージを与えるだけでなく、年齢に関係なく着られるということもあり人気のカラーです。そんなネイビードレスの着こなし方を見ていきましょう。

【50代女性】結婚式へ気になる二の腕もカバーできる袖付きドレス選び方

ブラックフォーマル 二次会服装 結婚式

50代が着るフォーマルドレスは腕が出るタイプよりも、腕が隠れる袖ありのドレスを見かけることの方が多いです。こういった傾向から、50代になると体型が気になるという人が多いのが分かります。しかし、このようなドレスはおばさんぽく見られてしまうのではないか、と思っている女性は多いでしょう。そこで、袖がありながらもおばさんに見えないドレスの選び方について、見ていきましょう。

ページの先頭へ